風俗用HP制作ならまるごとホームページ

風俗用HP制作ならまるごとホームページ

約8000店舗が利用する風俗店向けのCMSですぐに営業開始!新規製作やHPの乗り換えリニューアルもお任せください。

仮想通貨ビットコイン

日本で認められた仮想通貨ビットコイン

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)での支払い可能店舗数まもなく30万突破!
スマホでピピピッと支払い簡単。
明細などもネットで管理。
クレジットカードのようなスキミングや紛失などによる再発行などのリスクもない。
何よりクレジットカードのように支払う側も受け取り側も手数料がない。
ビットコインそのものが相場なので取引でも稼げます。(円ドル相場と同様)
ゲームなどでも稼げ、ゲームの課金でも使いやすく日本でも浸透しつつあります。
風俗でもマーヴェラスクィーン東京様を最初に、どんどんビットコインでの支払いOK店舗が増えていくことでしょう。

さあ風俗店もどんどんビットコインの導入開始です!
仮想通貨でニュースになったのはアリペイとビットコインです。
アリペイは中国の最大手インターネット通販会社アリババが始めたインターネット決済です。
アリババといえばソフトバンク孫正義さんが20億円投資した会社として日本では有名ですね。
アリババによるソフトバンクの利益は10兆円を超え、8700億円の株を売却しても筆頭株主ですから、孫さんの先見の目も相当なものです。
そのアリババが始めたアリペイが現在中国で主流になっております。
中国では偽札が多いので売る側も買う側もいち早く導入したという背景があるようです。

しかし残念なのが中国でこのアリペイを使えるのは中国人だけだそうです。
理由は、アリペイを利用するには中国中央銀行で口座を開かなければいけません。
国営銀行で口座を開けるのは国民に限るので、現在はまだ国内のサービスとなっております。
モバイクなどのレンタサイクル事業も日本に上陸したことなど考えると、今後の日中関係において企業間取引や旅行など、アリペイはかなり重要な項目と言えそうです。
次にビットコインですが、これはその出現そのものが映画になっておかしくない内容だ。
謎の人物、または組織「サトシ・ナカモト」が2008年にビットコインの論文を発表し、2009年にビットコインのソフトウェアをネット上に発表し運用開始している。
日本にもLINEペイやモナコインなどあるが、現在の日本のポイントカード全てが仮想通貨となりうる。
しかしビットコインにしかり、アップルペイにしかり日本で仮想通貨を利用するには、銀行振込やコンビニ支払い、クレジットカード決済など手間があるので、中国のような銀行口座直による直接取引と比べると面倒である。

以上から言えることは、ロクに投資もしてくれず、両替や振り込みに手数料がかかる現在の銀行サービスは高齢者にしか必要のない先のない事業といえるでしょう。
悪い言い方では、利用者を騙し強制リボ払いさせてまで手数料を窃取するクレジットカード会社もまた、先のない無用の長物といえるのではないでしょうか?

一人一人がどの仮想通貨を利用するのかは自由だが、世界基準で考えると世界共通仮想通貨が今後絶対的基準で、日本全体が仮想通貨にシフトチェンジ出来ないと今よりさらに世界から取り残されてしまうでしょう。
日本が生み出したQRコードを日本が生み出したスマホのカメラで読み込み、謎の日本人名が生み出した仮想通貨を日本人が利用しないのはおかしいのではないだろうか?

まるごとホームページではクレジットカード決済のリンクバナーを管理画面で自由に設置できます。
同じよぅに仮想通貨やPayPalなどなんでも簡単に対応できるので安心です。
もし貴方が仮想通貨や仮想レジシステムを利用する際には是非ご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

 

広告を非表示にする