風俗用HP制作ならまるごとホームページ

風俗用HP制作ならまるごとホームページ

約8000店舗が利用する風俗店向けのCMSですぐに営業開始!新規製作やHPの乗り換えリニューアルもお任せください。

最近話題の仮想通貨

ビットコインって?

仮想通貨のイメージ

仮想通貨「ビットコイン」の価値が急騰して話題になっています。
ビットコイン」は仮想通貨の中でも特にシェアが大きく、海外では日常的に使用されている仮想通貨です。
日本でも大手通販サイトや家電量販店など、使用できるお店も増えており注目を集めています。
では目に見えないお金である仮想通貨ですが、電子マネーとどう違うのでしょうか。

 

 

仮想通貨と電子マネーの違い

電子マネーというと、例えばsuicaやnanakoやwaonなどです。
どれも、会計時や(電車・バスの)乗車時にいちいち財布を出してお釣りのやり取りをする必要がないため、利用者も多いです。
カードを作るために初期費用がかかることがほとんどですが、以降は指定の機械から現金をチャージすれば、チャージ分でお買い物などができます。
財布の中の現金(紙幣・小銭)がそのままカードに形を変えたようなイメージです。

一方仮想通貨とは、電子マネー同様「お金」であることに変わりありませんが、電子マネーが「円が形を変えたもの』というイメージだとすると、「円」「ドル」「ユーロ」とは別のお金というイメージです。
ビットコインの単位は、1BTC(1ビットコイン)になります。
利用する際は、ビットコインの購入・送金・換金が可能な仮想通貨の「取引所」で購入することになります。
他の通貨と同様、日々相場が変動するため、当然その日によって通貨の価値が異なります。

ビットコインの最も大きな特徴は「世界中の誰から誰にでも、即時に、基本的に無料で送金できる」点です。
通常、銀行での国際送金では、手数料がかかるうえ送金完了に数日かかります。
ビットコインであれば、金額の大小にかかわらず手数料ほぼ無料で即日送金が可能なのです。

 

注意する事

仮想通貨は目に見えません。それゆえのトラブルもあります。
2014年に、ビットコインが消失してしまった事件がありました。
ビットコイン消失事件とは、2014年3月7日~10日の間で、東京のビットコイン取引所であった「マウントゴックス」で115億円相当のビットコインが消失した事件のことです。
サイバー攻撃を受けたことからコインが不正流出したことが原因でした。

仮想通貨に限らず、あらゆるものが仮想世界(ヴァーチャル)でやり取りされる時代です。
アプリのアカウントデータが消えたり、suicaの入金額が消えたり…
目に見えないものがある日突然消えてしまうリスクは常に付きまといます。

だからといって、せっかく便利なものがあるなら利用しない手はありません。

広告を非表示にする