風俗用HP制作ならまるごとホームページ

風俗用HP制作ならまるごとホームページ

約8000店舗が利用する風俗店向けのCMSですぐに営業開始!新規製作やHPの乗り換えリニューアルもお任せください。

売るだけが営業ではない

振り返れば10年以上の付き合いだった

ラーメン800円のPOP

ホームページを作るときはデザイン会社やデザイナーと打ち合わせをしてはいけません!

え!?と思う方は多いかもしれません。
じつはこんな話があります。

とある居酒屋の店長が大型のPOPをデザイン会社に依頼しました。
デザイン会社のデザイナーと打ち合わせをして30万円かかりました。
デザインがすごく凝っていて芸術性さえ感じるすごいものでした。
集客が2割増えました。

ある時その居酒屋にPOPショップの営業マンが飛び込みで営業に来ました。
同じサイズのPOPを8万円で作るとのことで、試しに制作を頼んでみました。
出来たものは画像と金額だけの非常にシンプルなものでした。
まぁそんなものだと思っていたところ、なんと集客が3割以上増えました。
居酒屋の店長はPOPショップの営業マンに聞きました。

「なぜこんなに売り上げが上がったのですか?以前30万円もかけた凝ったデザインの時よりも効果があったのは何故ですか?」

POPショップの営業マンが笑顔で答えました。

「デザイナーは職人です。デザイナーがいいと思うものはデザインがいいものです。しかし私のような営業マンはプロディーサーやディレクターといい、居酒屋の前の通りの通行料を調べたり建物の構造や客層など考えてからデザイナーに指示出しをします。居酒屋のイメージは安くて美味しい、20代が一番多いお店でしたので、『安い』『美味しそう』を前面に出すのが最も効果が見込めるものなんです。だから価格訴求とビジュアル訴求の効果を前面に出しました。店長も出来るだけ安く、最大の売り上げ増加を希望しませんか?」

居酒屋の店長はその後、そのPOPショップに制作を依頼し続けているそうです。

まるごとホームページはホームページ制作の打ち合わせは基本的にサポート部署で行います。
内容が決まり次第サポート部からデザインの部署に依頼するのです。
これはお客様に費用の負担をかけさせない為です。
ホームページは安かろう悪かろうではいけませんし、お金をかければいいというものでもないでしょう。
デザインはいずれ飽きるものです。
大切なのはホームページの使い勝手や飽きさせないイベント広告に時間やお金をかけて頂いたほうがいいと思うのです。
通常、制作会社は商売なので出来るだけ高いホームページを提案してくることでしょう。
それは売りっぱなしのビジネスライクな関係性だからなんです。
しかし、私どもも商売ですが売りっぱなしではないCMSの提供です。
度々お客様とお話をしたり、新しい機能やシステムの開発をしたりするので大切なのはお客様との信頼関係です。
お客様に喜んで貰えるよう、日々努力するのが大切だと考えております。

広告を非表示にする